【登録販売者試験】独学で一発合格するための勉強方法【ノート作り編】

登録販売者試験
私が実際に使っていたピカ☆ンチノート

私は試験勉強用にノート1冊を用意しましたが、

試験日までに半分くらいしか埋まりませんでした。

前回「独学で合格できるの?」の記事の中で

「ノートにまとめる必要は(あんまり)ない」と書いたのですが

私も勉強を始めた当初は

「テキストに書いてあることをノートにまとめる」

という作業を行っていました。

でも、やってもやっても

テキストの残りページは分厚いままだし

時間の無駄だと気付き途中でやめました。

それでは、私がそのあと

どのようにノートを活用したか、

お伝えしていきたいと思います。

見て理解するために“書く”

恐ろしい手書きなので注意してみてください(笑)

私はテキストをただ読んでいるだけでは

内容が理解できないことが多く

最初はよく頭が混乱していました。

例えば、第二章の「人体の働きと医薬品」では

体内の器官が順番に解説されていくのですが、

あれ?今読んでる部位って

「消化器系」?「呼吸器系」?

って何回もページを戻して確認して……

というようなことをよくやっていました。

これがとても面倒だし効率が悪かったので

まとめて絵にかいてみました。

私が使っていたテキストには挿絵もあったのですが

こんな感じで、

各部位の名前しか書いてありません。

これに、

私が覚えたい情報を書き足してノートに写しました

勉強中にこれを開いておいておくと

知りたいことがすぐに確認できるし、

何より、

自分で書くことで頭に入りすぐに覚えやすくなりました。

まとめるために“書く”

これも第三章対策ですが、

テキストには良くも悪くも

一つの医薬品(漢方)に対して、

情報が3つも4つも書いてあり

その全部を覚えるのはなかなか難しいです。

この写真のノートでは

漢方薬の名前、キーワード、含まれる重要な生薬

の、3つをまとめて書き出しています。

過去問を解いていくとわかってきますが

「この漢方薬は○○についてばかり出題されている」

というのが分かってきます。

その○○がキーワードです。

もちろん例外はありますが、

そのキーワードを覚えておけば

ある程度の点数が確保できるので

優先的に勉強しておくことをお勧めします。

更に、症状別に書いておくと

その薬が何に効くものか、も覚えやすく

あとで、これは何の薬だっけ?となったときに

すぐに確認できます。

例えば「しゃっくりの時に用いる」と書いてあれば「呉茱萸湯」

覚えるために“書く”

これはズバリ「書いて覚える」人向けですが

テキストを読んだ後に

内容を理解したうえで書く」ことで

頭が整理され暗記しやすくなります。

もちろん、書くことが目的になってしまい

ただひたすら書くだけでは頭に残らず

覚えられないのでお勧めしません。

今理解したことを書いてみる、ということで

知識を定着させるということです。

更に、

第三章の主な医薬品とその作用では

膨大な数の医薬品を覚える必要がありますが

その覚え方の一つとして

「語呂合わせ」

かなり活用しました。

この写真のノートは抗ヒスタミン成分の

医薬品を覚えるときに使いました。

風邪薬に使われる抗ヒスタミンは「く・じ・く・め」

鎮咳去痰薬に使われるのは「く・く・か」

など。

「く」がつく医薬品はやまほどあるので

今思えばなぜこれで覚えられたのか不明です(笑)

この語呂合わせはあまりお勧めしませんが

おすすめ語呂合わせは

他にたくさんあるので

また別記事で紹介出来たらと思います。

ちなみに抗ヒスタミン成分は鼻水やかゆみなどアレルギー症状を抑えたりする成分だよ

復習するために“書く”

これは活用方法というほどでもありませんが、

過去問の解答用紙として使いました。

どの問題を間違えたか、

点数などがいつでも確認できます。

○年の○県の試験なのかも一緒に書いておけば

同じ問題を解いたときに見比べて

「また同じ問題を間違えている・・・」

というのもわかります。

ちなみにusapomは過去問を20回くらいはやりました。

問題文の組み合わせが違うだけで、ほとんど同じ文章しか出てこない!

番外編

ノート以外にわたしは

「単語カード」を使いました。

これも第三章対策ですが

医薬品の成分名を表に書き、

裏には効果や使われる薬などを書きました。

個人的には「ビタミン成分」を覚えるのに重宝しました。

ビタミンBとかCって製剤になると

全く違う名前になるんです。

これが全然覚えられなくて

単語カードの表にビタミン名裏に製剤名を書いて

それを何度もめくって覚えました。

ビタミンCはアスコルビン酸、とかね!

まとめ

いかがだったでしょうか。

私が登録販売者試験の勉強につかったのは

ノート一冊と単語カードでした。

やりやすい方法は人それぞれなので

自分に合った方法を探している方は

一度試してみてください♪

ノートに書くときに大切なのは

「書くことが目的にならない」ことです。

アウトプットのためなのか

覚える為なのか

目的を明確にして

効率よく勉強していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました