【登録販売者試験対策】かぜの症状に用いられる漢方②【覚え方】

漢方

こちらのカテゴリーでは、登録販売者試験の漢方の勉強をするにあたり

「とりあえずココだけおさえとけ!!」

という点をピンポイントにまとめています。

今回の記事は風症状に用いる漢方の後編となります。

前編記事はこちら☟

試験勉強にあまり時間をかけられない方にもおすすめなので

ぜひご活用ください。

かぜの漢方(後半)

種類

  • 小青竜湯
  • 桂枝湯
  • 香蘇散
  • 半夏厚朴湯
  • 麦門冬湯

後編では上記5つの漢方について

  • しばり表現
  • 構成生薬
  • キーワード
  • 重篤な副作用

この覚えておくべき4項目を書いています。

なぜこの4項目が大切なのかはかぜの漢方①に書いてありますので

参考にしてみて下さい☺

要注意の生薬

この記事内にある漢方の構成生薬のうち、カンゾウ、マオウ、ダイオウが含まれるのは以下です。

カンゾウマオウダイオウ
小青竜湯
桂枝湯
香蘇散
半夏厚朴湯
麦門冬湯

半夏厚朴湯は3つとも含まれていないので必ず押さえておきましょう。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

覚えておきたいこと

★しばり表現

体力中等度又はやや虚弱

またはやや虚弱”とつくのは柴胡桂枝湯・小青竜湯・五積散のみ

★構成生薬

マオウ、シャクヤク、カンキョウ、カンゾウ、ケイヒ、サイシン、ゴミシ、ハンゲ

かぜの漢方の中で“マオウ”が入っているのは葛根湯・小青竜湯・麻黄の3つ

★キーワード

うすい水様の痰、鼻水

うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るものの気管支炎、気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症に適す

★重大な副作用

肝機能障害、間質性肺炎、偽アルドステロン症

まとめ

体力があまりない人から普通の人で、 うすい水様の痰、鼻水が出ているひとの咳や鼻水に用いる。

うさぽむ
うさぽむ

出題頻度かなり高いです!アレルギー症状にもよく用いられます。私は「青っぱな(鼻汁)」で覚えました(笑)

桂枝湯(けいしとう)

覚えておきたいこと

★しばり表現

体力虚弱

発熱していない体力のない人向けです

★構成生薬

ケイヒ、シャクヤク、タイソウ、ショウキョウ、カンゾウ

桂枝湯は漢方の基本構成と言われています

★キーワード

汗が出るもののかぜの初期

汗が出るもののかぜの初期に適す

★重大な副作用

なし

まとめ

体力がなく、汗をかいている人の風邪の初期に用いられる

うさぽむ
うさぽむ

同じかぜの初期症状でも、汗が出るものに用いられるのは「桂枝湯」

汗が出ないものに用いられるのは「葛根湯」です

香蘇散(こうそさん)

覚えておきたいこと

★しばり表現

体力虚弱

発熱していない体力のない人向けです

★構成生薬

コウブシ、ソヨウ、チンピ、カンゾウ、ショウキョウ

コウブシは婦人薬によく使われているので、余裕があれば「血の道症」と合わせて覚えましょう

★キーワード

胃腸の弱いものかぜの初期

神経過敏で気分がすぐれず胃腸の弱いもののかぜの初期、血の道症に適す

★重大な副作用

なし

まとめ

体力がなく、胃腸が弱っている人の風邪の初期や血の道症に用いられる

うさぽむ
うさぽむ

手引きには「桂枝湯」と「香蘇散」は同じくくりで記載されています。似ていますが違いをしっかり確認しておきましょう

どちらかというと「香蘇散」の方が出題率が高そうです。

半夏厚朴湯 (はんげこうぼくとう)

覚えておきたいこと

★しばり表現

体力中等度をめやすとして幅広く応用できる

“幅広く応用できる”は半夏厚朴湯のみです

★構成生薬

ハンゲ、ブクリョウ、コウボク、ソヨウ、ショウキョウ

数少ない“カンゾウ”が含まれない漢方です。これもマストで覚えましょう

★キーワード

のどのつかえ感

気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う不安神経症、神経性胃炎、つわり、咳、しわがれ声、のどのつかえ感に適す

★重大な副作用

なし

まとめ

幅広く応用でき、不安神経症や咳、のどのつかえ感に用いる。

うさぽむ
うさぽむ

かぜ症状以外にも、咳や不安症にも使われることがあります。

カンゾウが含まれない漢方で有名です!

麦門冬湯 (ばくもんどうとう)

覚えておきたいこと

★しばり表現

体力中等度以下

かぜ、鎮咳去痰薬で“体力中等度以下”なのは麦門冬湯のみ

★構成生薬

バクモンドウ、ハンゲ、タイソウ、ニンジン、カンゾウ、コウベイ

バクモンドウはユリ科のジャノヒゲが起源となっており、頻出なので余裕があれば一緒に覚えましょう

★キーワード

痰が切れにくく、咽頭の乾燥感

痰が切れにくく、ときに強く咳こみ、又は咽頭の乾燥感があるもののから咳、気管支炎、気管支喘息、咽頭炎、しわがれ声に適すとされるが、水様痰の多い人には不向き

★重大な副作用

間質性肺炎、肝機能障害

まとめ

体力中等度以下、 痰が切れにくく、咽頭の乾燥感があるものの気管支炎、喘息に用いられる。

うさぽむ
うさぽむ

かぜ症状よりも“鎮咳去痰薬”として出題されることが多いです。

痰が切れにくい場合は麦門冬湯水様痰には小青竜湯!です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました